ieha * Web Design ieha * Web Design1

Local by Flywheel + Gulpで効率的に開発

Local by Flywheelはとんでもなく便利

すでにご利用の方も多いかと思います。
Local by Flywheel

  • 無料
  • クリーンで直感的なUI
  • 数クリックでローカルWP構築
  • SSL環境もワンクリックでテストOK
  • 選べるサーバ・DB
  • マルチサイトも可能

細かい利用方法などは良記事がたくさんありますので、そちらを参照いただくとして。
Google検索「Local by Flywheel WordPress」

ともかくほんとに数秒&数クリックでローカル環境が作れる快感、ぜひ一度味わってください。

※デフォルトのサイト言語が英語になっています。一般設定から日本語に変更すればOKです。
※WP Multibyte Patchがバンドルされませんので、日本語化する方は入れてください。

タスクランナーを組み合わせる

SCSSなどを導入している方は、何らかのタスクランナーを利用していると思います。
私はGulpです。これもすごく簡単にFlywheelと組み合わせられます。

■フォルダ構成

/Users/ユーザー名/Local Sites/test/app/public

– develop

– sass … その他

– node_modules

– wp

– wp-content … その他

– gulpfile.js

– package.json

– index.php

■出力

あとはお決まりで

var destDir = ‘wp/wp-content/themes/twentyseventeen/’;
などと設定しておいて

.pipe(gulp.dest(destDir))
みたいな感じでdest。http://test.dev/を見に行くと、反映されている!

ついでにCSSやJSなんかをminifyしたり、csscombとかで整形したり。
Gulpについても、ちょっと検索すると良記事がうじゃうじゃありますので、ご参考ください。

シンボリックリンクの活用

生成先をもっと別の箇所にしたい!という方は、シンボリックリンク()を使うと便利です。
以下の記事で、基本的な方法を説明しています。

【Photoshop】画像アセット生成

コメントする

必須 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
※コメントは即時反映されない場合があります。

page top